• 本

13・67 上

文春文庫 チ12−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-16-791569-8
4-16-791569-3
税込価格 957円
頁数・縦 364P 16cm
シリーズ名 13・67

商品内容

要旨

香港警察の「名探偵」と呼ばれた伝説の刑事クワン。2013年、末期がんで余命僅かな彼のもとに、難事件の捜査で行き詰まったかつての部下であるローがやってくる。クワンが最後の力を振り絞り提案した前代未聞の捜査方法とは―。戦後香港の現代史と一人の警察官人生を重ねながら、権力者と民衆の相克を描く華文ミステリーの傑作。

著者紹介

陳 浩基 (チン コウキ)  
1975年生まれ。香港中文大学計算機学科卒。台湾推理作家協会の海外会員。2009年「藍〓子的密室(青髭公の密室)」で第7回台湾推理作家協会賞を受賞。2011年に『遺忘・刑警』で第2回島田荘司推理小説賞を受賞、2012年に『世界を売った男』のタイトルで、文藝春秋から邦訳版が刊行。2014年、『13・67』が刊行と同時に大きな話題を呼び、2017年に邦訳版が出ると週刊文春ミステリーベスト10、本格ミステリ・ベスト10で第1位を獲得するなどランキングを席巻する
天野 健太郎 (アマノ ケンタロウ)  
1971年愛知県三河生まれ。京都府立大学文学部国中文専攻卒。2000年より国立台湾師範大学国語中心へ留学。帰国後は台湾専門翻訳・通訳。2018年11月逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)