• 本

空想クラブ

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-04-109559-1
4-04-109559-X
税込価格 1,760円
頁数・縦 370P 19cm

商品内容

要旨

吉見駿は空想好きな中学生。祖父から受け継いだ“力”によって、見たい風景を「見る」ことができる。かつて共に「空想クラブ」を作った親友・真夜の葬儀の帰り道、駿は河川敷で幽霊となった彼女に再会する。川で命を落とした真夜は、死の瞬間に抱いた「謎」のために、河川敷から動けなくなってしまったという。自分だけが真夜の姿を見ることができると知った駿は、「空想クラブ」の仲間と彼女の死の真相を探っていくが―。横溝賞作家渾身の青春ミステリ。

おすすめコメント

ラスト16ページの「奇跡」を、あなたは体験する。青春ミステリの最新形。空想好きな中学生の駿は、祖父から受け継いだ「能力」によって特殊なものを見ることができる。かつての親友・真夜の葬儀の帰り道、駿は河川敷で彼女の幽霊と再会、友人達と共に真夜の死の真相を探っていくが――。

著者紹介

逸木 裕 (イツキ ユウ)  
1980年東京都生まれ。学習院大学法学部法学科卒。フリーランスのウェブエンジニア業の傍ら、小説を執筆。2016年『虹を待つ彼女』で第36回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)