• 本

自衛隊海外派遣の起源

出版社名 勁草書房
出版年月 2020年8月
ISBNコード 978-4-326-30292-5
4-326-30292-5
税込価格 4,620円
頁数・縦 240P 22cm

商品内容

要旨

自衛隊の海外派遣は1991年に初めて実現し、いまや当たり前の政策となっているが、それは突然出てきたものではない。終戦直後からさまざまな形で検討され、その議論の積み重ねが現在の政策の下地となっているのである。日本政府が何を達成し、どのような限界に直面してきたのか、資料を駆使して実証的に描き出す。

目次

序章 自衛隊海外派遣はどのように始まったのか
第1章 アジア・太平洋戦争の終結と海外派兵禁止の固定化―1945‐1960年
第2章 冷戦変容期における役割の模索―1970年代、総合安全保障と日米安保の深化
第3章 国際貢献意識の萌芽と人的貢献の模索―1980年代、インドシナ難民と国際緊急援助活動
第4章 自衛隊海外派遣の模索―1987年、ペルシャ湾安全航行問題
第5章 自衛隊海外派遣に向けた胎動―1990年、湾岸危機と日本
第6章 自衛隊海外派遣の開始―1991年、ペルシャ湾掃海艇派遣を中心に
第7章 自衛隊海外派遣の拡大―1992年、PKO協力法の制定と国際緊急援助隊法改正
終章 かくして、自衛隊は海外に派遣された

著者紹介

加藤 博章 (カトウ ヒロアキ)  
名古屋大学大学院環境学研究科単位取得満期退学、同大学で博士(法学)を取得。日本学術振興会特別研究員(DC2)、ロンドン大学キングスカレッジ戦争研究学部客員研究員、東京福祉大学留学生教育センター特任講師などを経て、現在:日本戦略研究フォーラム主任研究員、防衛大学校総合安全保障研究科兼任講師、関西学院大学国際学部兼任講師。専門は国際関係論、日本の外交・安全保障政策(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)