• 本

心理的安全性のつくりかた 「心理的柔軟性」が困難を乗り越えるチームに変える

出版社名 日本能率協会マネジメントセンター
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-8207-2824-5
4-8207-2824-5
税込価格 1,980円
頁数・縦 330P 19cm

商品内容

要旨

ヌルい職場は誤解!「健全な衝突」がチームの力を引き上げる。施策だけではうまくいかない心理的安全性の効果的なつくりかた。

目次

第1章 チームの心理的安全性(チームの心理的安全性とは?
日本版「チームの心理的安全性」の4つの因子
心理的安全性「変革の3段階」)
第2章 リーダーシップとしての心理的柔軟性(心理的安全性と心理的柔軟性
心理的柔軟性を身につける1 変わらないものを受け入れる
心理的柔軟性を身につける2 大切なことへ向かい変えられるものに取り組む
心理的柔軟性を身につける3 マインドフルに見分ける)
第3章 行動分析でつくる心理的安全性(行動を変えるスキル「行動分析」
「きっかけ→行動→みかえり」フレームワーク
行動分析で行動を変える
チームの行動変容でつくる心理的安全性)
第4章 言葉で高める心理的安全性(言語行動は「学習ファースト」
ルール支配行動)
付録

出版社・メーカーコメント

研究者が見出した日本の心理的安全性4因子と、心理的安全な職場のために必要なリーダーシップ、そして効果的なアプローチ方法を解説。

著者紹介

石井 遼介 (イシイ リョウスケ)  
株式会社ZENTech取締役。一般社団法人日本認知科学研究所理事。慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究科研究員。東京大学工学部卒。シンガポール国立大経営学修士(MBA)。神戸市出身。研究者、データサイエンティスト、プロジェクトマネジャー。組織・チーム・個人のパフォーマンスを研究し、アカデミアの知見とビジネス現場の橋渡しを行う。心理的安全性の計測尺度・組織診断サーベイを開発すると共に、ビジネス領域、スポーツ領域で成果の出るチーム構築を推進。2017年より日本オリンピック委員会より委嘱され、オリンピック医・科学スタッフも務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)