• 本

馬渕睦夫が読み解く2021年世界の真実 「世界覇権・10年戦争」が始まった 元駐ウクライナ大使

WAC BUNKO B−326

出版社名 ワック
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-89831-826-3
4-89831-826-6
税込価格 990円
頁数・縦 207P 18cm

商品内容

要旨

トランプと習近平そしてディープ・ステート(国際金融資本)との三つ巴による仁義なき10年戦争が始まった。

目次

はじめに 二〇二一年は「ハルマゲドン元年」
第1章 「武漢肺炎危機」における危機管理の失敗
第2章 世界の覇権をめぐる「三つ巴の十年戦争」が始まった
第3章 ディープ・ステートが挑む「最後の戦い」
第4章 トランプ再選と習近平王朝の衰滅なくして世界の平和はない
第5章 正念場の日本、ポスト安倍をどう乗り越えるか?

出版社・メーカーコメント

毎年ご好評いただいている馬渕睦夫先生の「世界の真実」シリーズ最新版。武漢コロナによる世界の危機が誘発する経済体制の再編。国際金融資本による三つ巴の戦争はすでに始まっている!

著者紹介

馬渕 睦夫 (マブチ ムツオ)  
元駐ウクライナ兼モルドバ大使、元防衛大学校教授、前吉備国際大学客員教授。1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より2018年3月まで吉備国際大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)