• 本

クロマトピア 色の世界 写真で巡る色彩と顔料の歴史

出版社名 グラフィック社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-7661-3352-3
4-7661-3352-8
税込価格 2,750円
頁数・縦 223P 22cm

商品内容

要旨

最古の合成顔料は、古代エジプトで生まれた?最上質の高貴な紫が、海の巻き貝から採れた?人間は絵を描くために、鉱石、有毒金属、昆虫、家畜の骨や糞尿など、ありとあらゆるものから色を取り出してきた。錬金術から偶然の出会いや失敗まで、驚くべき方法で生まれた古今の顔料50種以上の物語を紹介。古代世界をかけめぐり、近代科学の飛躍をたどり、美術、歴史、科学、デザインの分野をまたぐ色彩の物語は、無限の興味と驚きに満ちている。

目次

1 人類が最初に手にした色
2 文明の始まりとともに
3 ギリシャ・ローマ文明と色
4 中世の色
5 書字インクの色
6 染料、レーキ、ピンク
7 謎に包まれた色
8 色彩の爆発
9 色彩のすばらしき新世界
10 現代科学が生み出した色