• 本

マルクス・ガブリエル危機の時代を語る

NHK出版新書 635

出版社名 NHK出版
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-14-088635-9
4-14-088635-8
税込価格 880円
頁数・縦 220P 18cm

商品内容

要旨

大好評番組「欲望の時代の哲学2020」の書籍化、続編!日本でも話題のベストセラー作家クリスチャン・マスビアウやカート・アンダーセン、現代哲学をリードするデイヴィッド・チャーマーズらと、「新実在論」を掲げる思想界の旗手ガブリエルとの白熱の対話五編。さらにコロナ危機に際しての緊急インタビューも収載!「いま目撃しているのは新自由主義の終焉だ」というガブリエルの真意は?思考のエッセンスに触れる興奮の書。

目次

1章 コロナ危機と新自由主義の終焉―マルクス・ガブリエル緊急インタビュー
2章 「すべてがショー」というファンタジーを生きる―カート・アンダーセン×マルクス・ガブリエル
3章 人文知なき資本主義は破綻する―クリスチャン・マスビアウ×マルクス・ガブリエル
4章 科学主義的唯物論を乗り越える―デイヴィッド・チャーマーズ×マルクス・ガブリエル
5章 ドイツ哲学を読め!―ダニエル・ケールマン×マルクス・ガブリエル
6章 カラフルで複雑な民主主義へ―張旭東×マルクス・ガブリエル

出版社・メーカーコメント

ベストセラー作家から世界的哲学者までの5人とガブリエルの白熱の対談! NHKの大好評番組、Eテレ『欲望の時代の哲学2020〜マルクス・ガブリエル NY思索ドキュメント』(2020年2月〜3月放送)の書籍化の続編に、BS1『シリーズ コロナ危機 グローバル経済 複雑性への挑戦』(2020年4月放送)でのガブリエルの特別インタビューを合わせて掲載!

著者紹介

丸山 俊一 (マルヤマ シュンイチ)  
1962年長野県生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業後、NHK入局。ディレクターとして様々な教養エンタメ、ドキュメンタリーを手掛ける。その後プロデューサーとして「英語でしゃべらナイト」「爆笑問題のニッポンの教養」など異色の教養番組を企画開発。現在も「欲望の資本主義」ほか、時代の潮流を捉えた企画を生み続ける。現在、NHKエンタープライズ番組開発エグゼクティブ・プロデューサー。東京藝術大学客員教授、早稲田大学非常勤講師も兼務(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)