• 本

さもしい浪人が行く 元禄八犬伝 1

集英社文庫 た59−22 歴史時代

出版社名 集英社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-08-744161-1
4-08-744161-X
税込価格 748円
頁数・縦 333P 16cm

商品内容

要旨

網乾左母二郎は金のためなら手段はいとわぬ小悪党。流れついた大坂で、悪党仲間の怪盗・鴎尻の並四郎、妖婦・船虫の二人としがない日々を送っている。そんな折、犬公方・綱吉に集められた「八犬士」が、失踪した綱吉の娘・伏姫探索のため大阪に。なぜか協力することになった左母二郎たちだが、矢数俳諧と通し矢を巡る大陰謀に巻き込まれ―悪党が巨悪に立ち向かう痛快伝奇時代小説、ここに開幕!

出版社・メーカーコメント

将軍綱吉に仕える八人の剣士。下された命は行方不明の伏姫の探索。手がかりをもとに大坂に乗り込むが……。痛快伝奇時代小説、開幕!

著者紹介

田中 啓文 (タナカ ヒロフミ)  
1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。93年「凶の剣士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、ジャズミステリ短編「落下する緑」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。2002年「銀河帝国の弘法も筆の誤り」で第33回星雲賞日本短編部門、09年「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞短編部門、16年「怪獣ルクスビグラの足型を取った男」で第47回星雲賞日本短編部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)