• 本

ロンメル将軍 副官が見た「砂漠の狐」

角川新書 K−331

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-04-082347-8
4-04-082347-8
税込価格 1,430円
頁数・縦 377P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

今も名将として名高く、北アフリカ戦役での活躍から「砂漠の狐」の異名を付けられた将軍、ロンメル。その副官を務め、のち重火器中隊長に転出し、相次ぐ激戦で指揮を執った男が、間近で見続けたロンメルの姿と、軍団の激戦を記した回想録。勝利と敗北が二転三転する戦場で、将軍はいかに行動し、采配をふっていたのか?本書は欧米でベストセラーとなり、ロンメルのイメージに大きな影響も与えることになった。

目次

ロンメルの幕僚となる
トリポリの「ブラフ」
オアシスの冒険
将軍の「シュトルヒ」機で砂嵐の中を
トブルクの門戸にて
将軍ラクダに乗る
ピラストリーノの攻撃
ハリケーン機、ロンメルを襲う
スターリングラードのパウルス―私のエリトリアでの物語
国境の「戦斧」〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

第二次世界大戦で最も有名な将軍、ロンメルの激戦を描いた名著、復刊!!「名将」として今も名高いロンメルの副官で、重火器中隊長も兼任し、相次ぐ激戦で指揮を執った男が間近で見たロンメルの姿を描く。 勝利と敗北が二転三転する戦場で、ロンメルはいかに行動し、采配をふるったのか?

著者紹介

シュミット,ハインツ・ヴェルナー (シュミット,ハインツヴェルナー)   Schmidt,Heinz Werner
1916‐2007。南アフリカ生まれ。ドイツ人の両親の下に生まれる。第二次世界大戦では南アフリカ軍ではなくドイツ軍に志願。ポーランド戦に従軍したが、その後、アフリカ経験を買われて、イタリア領エリトリアに派遣された。同地がイギリス軍の攻撃によって失陥したのち、ドイツ・アフリカ軍団に配属され、ロンメルの伝令将校となった。のち重火器中隊長に転出し、さまざまな激戦でドイツ軍部隊の指揮を執った。戦後、シュミットは南アフリカに戻る。北アフリカの想い出を書き綴ったのが『ロンメル将軍』で、ベストセラーになった
清水 政二 (シミズ セイジ)  
1905年生まれ。88年没。翻訳家
大木 毅 (オオキ タケシ)  
現代史家。1961年東京生まれ。立教大学大学院博士後期課程単位取得退学。DAAD(ドイツ学術交流会)奨学生としてボン大学に留学。千葉大学その他の非常勤講師、防衛省防衛研究所講師、国立昭和館運営専門委員、陸上自衛隊幹部学校(現陸上自衛隊教育訓練研究本部)講師等を経て、現在著述業。『独ソ戦』(岩波新書)で新書大賞2020大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)