• 本

さらさら流る

双葉文庫 ゆ−08−04

出版社名 双葉社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-575-52394-2
4-575-52394-1
税込価格 726円
頁数・縦 312P 15cm

商品内容

要旨

コーヒーチェーンの広報部で働く菫は、かつての恋人・光晴が撮影した自分のヌード写真をネットで偶然発見する。親友や家族、弁護士に助けられ写真を消去するために動きながら、光晴と過ごした日々を思い起こす。彼と一緒にいると、いつも自分が自分でなくなるような感覚に陥っていた―。ひとりの女性の懊悩と不安をすくいとりながら、一歩ずつ前進する姿を描いた長編。

出版社・メーカーコメント

28歳の井出菫は、かつての恋人に撮られた自分のヌード写真をネットで偶然発見する。親友の百合や家族、弁護士の助けもあり、写真を消去するために動きながら、菫は元恋人・光晴との日々や彼自身を思い起こす。彼と一緒にいたとき、私が私でなくなるような感覚にいつも陥っていた……。ひとりの女性の懊悩と不安をすくいとりながら、一歩ずつ自分の身体を取り戻す姿を描いた会心作。

著者紹介

柚木 麻子 (ユズキ アサコ)  
1981年東京都生まれ、立教大学文学部卒業。2008年「フォーゲットミー、ノットブルー」で第88回オール讀物新人賞を受賞。受賞作を含む連作短編集『終点のあの子』でデビュー。『ナイルパーチの女子会』で第28回山本周五郎賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)