• 本

情事の言い訳

双葉文庫 あ−57−10

出版社名 双葉社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-575-52403-1
4-575-52403-4
税込価格 748円
頁数・縦 300P 15cm

商品内容

要旨

こんなことになってしまったら、もう仕方ないわ…。情事のきっかけは多々あれど、思い切る瞬間には同じ言い訳が渦巻いている―元女子アナの鳥飼玖美子が番組ディレクターの能勢と3年ぶりに出会ったのは絶対に見られたくない場面でだった。ずっと隠してきた秘めやかな悦びを正直に能勢に打ち明けて…「悪い癖」。ほかにも逗留先での限られた時間、事件を起こした興奮状態、不倫、セカンドバージン。事情はそれぞれ欲望もそれぞれ、7つの色情シーン。

出版社・メーカーコメント

ある日、テレビ局ディレクターの男はデパートで元女子アナが万引きするのを偶然目撃。その女子アナはセレブ婚で寿退社していたのだが、どうしたことか。男は保安員に気づかれたところをうまく助け、それがキッカケでふたりは男女の関係に。だが、彼女には過去に意外なトラウマがあったことがわかって……「悪い癖」など、深みにハマる情交を濃く、密に描いた熟達のオリジナル官能短編集。

著者紹介

雨宮 慶 (アマミヤ ケイ)  
1947年広島県生まれ。76年のデビュー以来、フランス書院文庫を中心に意欲的に発表し続けた著作は100冊を超え、多くの読者に熱く支持されている。男と女を描いた作品には、独特の情緒と瑞々しい感性が発揮されている。官能小説界の実力派(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)