• 本

濡れる島と灯台の記憶

イースト・プレス悦文庫 す1−6

出版社名 イースト・プレス
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-7816-1913-2
4-7816-1913-4
税込価格 792円
頁数・縦 255P 15cm

商品内容

要旨

乗り合いの釣り船を操る慎太郎は、仕事に追われて独身のまま30歳を迎えた。初恋の人の名前をつけた「七海丸」に今日も客を乗せ、仕事をしていると、妖艶で謎めいた人妻と出会う。下船後、その人妻は慎太郎に己の性欲をぶつけ、激しく潮を吹き―。その出会いをきっかけに、また一人、人妻が現れる。今度は沖の孤島で。その縁は、同級生の深沢七海に繋がってゆく。慎太郎は中学生の頃から彼女への恋情を持ち続けていた。再会した瞬間、歓喜と欲望で思わず…。遅れてきた青春を海の町で取り戻す男女の、淫らなおつゆと思いが溢れる、極上の官能物語!!

著者紹介

末廣 圭 (スエヒロ ケイ)  
1940年、京都府生まれ。学業半ばより編集者に憧れ、約40年間雑誌畑を渡り歩く。98年、男性総合月刊誌の編集長を辞任し、作家活動を開始。鮮烈で密度の濃い官能小説を次々と発表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)