• 本

折るだけで願いがかなう龍体文字おりがみ 特製折り紙付き 開運の龍を呼ぶ

出版社名 宝島社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-299-00900-5
4-299-00900-2
税込価格 1,694円
頁数・縦 143P 15×22cm

商品内容

目次

金龍+フトマニ図
赤龍+と
黒龍+ゑ
白龍+か
青龍+た
開宝之符+ねせ
魅了符+よろ
願望達成之符+むく
辟障符(三剣之略符)+きに
厄除之符+やま〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

折り紙を通じて神様とつながる龍体文字おりがみ。龍体文字とは、日本に漢字が伝わる以前に使われていた神代文字の一つです。この文字は、神に祈りを捧げたり、重要な祝詞やお札を書く際に使われていたのではないかと言われています。祈りを込める千羽鶴からもわかるように、折るという行為は、祈りにつながっています。本書では、龍体文字をあしらった、切り取って使える折り紙を収録。龍体文字と折り紙を組み合わせた新しい本が誕生します。

著者紹介

森 美智代 (モリ ミチヨ)  
1962年、東京都生まれ。短大卒業後、養護教諭として小学校に勤務していた1984年に難病の脊髄小脳変性症を発症。以来、西武甲田療法に専念し、病気を克服する。その後、鍼灸師の資格を取得し、大阪府八尾市で鍼灸院を開業。現在、森鍼灸院院長。断食リトリートあわあわ主宰。鍼灸治療のほか、講演などでも活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)