• 本

キリギリスの年金 統計が示す私たちの現実

朝日新書 784

出版社名 朝日新聞出版
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-02-295088-8
4-02-295088-9
税込価格 935円
頁数・縦 270P 18cm

商品内容

要旨

金融庁が公表した「老後2000万円報告書」、年金の仕組みや歴史的背景、将来年金の見通しまで徹底検証。少子高齢化への無策、雪だるま式の借金、円安インフレの危機…そして、コロナショックによる公的年金の運用赤字!未来の国民からお金を奪い続ける「問題先送り国家」の末路とは。アベノミクスやMMTに繰り返し警鐘を鳴らす著者が、誰も直視しようとしない不都合な現実を正面から斬る。

目次

第1章 老後2000万円問題(世間を騒がせた報告書
高齢夫婦無職世帯の割合 ほか)
第2章 公的年金の歴史と仕組み(年金は保険の一種
戦前の公的年金制度の歩み ほか)
第3章 絶対に実現しない年金財政の将来見通し(2019年年金財政検証
負担の押し付け合いの果てに ほか)
第4章 アベノミクスと年金(アベノミクスとは
マネーストックの増加ペースは変わらず ほか)
第5章 MMTと年金(「通貨安インフレ」を無視した理論
税は財源ではない? ほか)

出版社・メーカーコメント

人口減少と賃金下落に加え、コロナ禍による財政出動が日本の財政にとどめを刺す。市場の信認を失った円の大幅安と破壊的インフレで、年金の原資が一瞬にして消滅する。私たちにはどんな老後が待っているか。年金制度の実態と財政の末路を豊富なデータで検証。

著者紹介

明石 順平 (アカシ ジュンペイ)  
1984年、和歌山県生まれ、栃木県育ち。弁護士。東京都立大学法学部卒業、法政大学法科大学院を修了後、現職。主に労働事件、消費者被害事件を担当。ブラック企業被害対策弁護団事務局長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)