• 本

正義を振りかざす「極端な人」の正体

光文社新書 1088

出版社名 光文社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-334-04495-4
4-334-04495-6
税込価格 836円
頁数・縦 214P 18cm

商品内容

要旨

SNSでの誹謗中傷、不謹慎狩り、自粛警察、悪質クレーマー…奴らは何者か?「炎上はマスメディアが生み出す」「SNSは世論を反映しない」「炎上加担者はごく少数」など、データ分析から導き出された意外な真実。

目次

第1章 ネットに「極端な人」があふれる理由(「極端な人」が人の命までも絶つ
「極端な人」による「殺人」は世界中で起こっている ほか)
第2章 ネットだけでない「極端な人」(ネットの誹謗中傷の陰にマスメディアがある
メディアのビジネスモデルの罪 ほか)
第3章 「極端な人」の正体(「極端な人」とはどのような人なのか
「ネット右翼は低学歴のひきこもり」は誤り ほか)
第4章 「極端な人」が力を持つ社会でどう対処するか(ネットの匿名性が悪なのか?
「実名制にすれば解決」は間違い ほか)
第5章 「極端な人」にならないための5箇条(極端であることの罪
「極端な人」にならないための5箇条 ほか)

著者紹介

山口 真一 (ヤマグチ シンイチ)  
国際大学グローバル・コミュニケーション・センター准教授。1986年生まれ。博士(経済学)。専門は計量経済学。研究分野は、ネットメディア論、情報経済論、プラットフォーム戦略など。組織学会高宮賞、情報通信学会論文賞、電気通信普及財団賞、紀伊國屋じんぶん大賞(2017年23位)を受賞。他に、東京大学客員連携研究員、日本リスクコミュニケーション協会理事、海洋研究開発機構アドバイザーなどを務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)