• 本

ゴシック文学入門

ちくま文庫 ひ21−10

出版社名 筑摩書房
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-480-43694-8
4-480-43694-4
税込価格 1,045円
頁数・縦 303,5P 15cm

商品内容

要旨

ゴシック文学の世界に参入するための、かつてない入門書、ここに誕生!幻想文学のエキスパートたる日本の文豪・学匠たちが、泰西ゴシックの魅惑を達意の筆で解き明かすエッセイと論考14篇を収録。

目次

「幽霊塔」の思い出(江戸川乱歩)
「モンク・ルイス」と恐怖怪奇派(小泉八雲)
恐怖美考(種村季弘)
ゴシックの炎(紀田順一郎)
バベルの塔の隠遁者(澁澤龍彦)
狂気の揺籃―「ヴァテック」頌(塚本邦雄)
信天翁と大鴉と鳩(日夏耿之介)
眼のゴシック(八木敏雄)
黒猫の恐怖(富士川義之)
嗜屍と永生(平井呈一)
『死妖姫』解説(野町二)
獄舎のユートピア(前田愛)
『高野聖』の比較文学的考察(日夏耿之介)
人外(高原英理)

著者紹介

東 雅夫 (ヒガシ マサオ)  
1958年、神奈川県生まれ。アンソロジスト、文芸評論家。「幻想文学」「幽」編集長を歴任。ちくま文庫「文豪怪談傑作選」シリーズはじめ編纂・監修書多数。著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)