• 本

麒麟を呼ぶ 光秀さんに学ぶ福知山のまちづくり

出版社名 PHP研究所
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-569-84803-7
4-569-84803-6
税込価格 1,650円
頁数・縦 166P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

ふるさとのため、子どもたちのために何ができるのか。“生きたまちづくり”への挑戦。書店経営者が挑んだ奇跡の福知山活性化。明智光秀を主人公とする大河ドラマ誘致のきっかけやそのプロセスとともに、一般には意外に知られていない光秀の偉業や人物像、歴史的背景、まちづくりにかける著者の思いをご紹介。

目次

第1章 麒麟前夜(大河ドラマ誘致へ
私と福知山 ほか)
第2章 謎多き武将・明智光秀(謀反人ではない
御霊神社 ほか)
第3章 麒麟を呼ぶ(敵は本能寺にあり?
麒麟がきた! ほか)
第4章 男子の本懐(書店という名の戦い
地域経済と未来 ほか)

出版社・メーカーコメント

明智光秀が築いた城下町・福知山。町の発展や文化振興に尽力し、大河ドラマをよんだ老舗書店経営者。地方都市復興の秘訣を語る。

著者紹介

福島 慶太 (フクシマ ケイタ)  
1959(昭和34)年京都府福知山市生まれ。神戸学院大学経済学部卒業。1982(昭和57)年4月株式会社福島文進堂入社。1985(昭和60)年5月株式会社福島文進堂代表取締役就任。福知山市市民憲章推進協議会理事、社団法人福知山青年会議所理事長、公益社団法人福知山納税協会常任理事、福知山商工会議所常議員、福知山商店街連盟会長、福知山市PTA連絡協議会会長、福知山市立惇明小学校・桃映中学校PTA会長、福知山市議会議員、福知山防犯協会理事、福知山観光協会会長、海の京都DMO取締役福知山本部長、公益社団法人京都観光連盟理事、福知山ロータリークラブ会長、福知山踊振興会理事、福知山光秀プロジェクト推進協議会副会長兼実行委員長、福知山自衛隊協力会理事、福知山商工会議所副会頭などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)