• 本

CircleCI実践入門 CI/CDがもたらす開発速度と品質の両立

WEB+DB PRESS plusシリーズ

出版社名 技術評論社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-297-11411-4
4-297-11411-9
税込価格 3,278円
頁数・縦 391P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

高速、安全、スケーラブル手軽に導入でき大規模開発にも使える。ビルド/テスト/デプロイ自動化の設定例や活用法を徹底収録。

目次

なぜCI/CDが必要か
CircleCIの基本
環境構築
ワークフローでジョブを組み合わせる
実践的な活用方法
テストの基本と最適化
継続的デプロイの実践
Webアプリケーション開発、インフラでの活用
モバイルアプリ開発での活用
デスクトップ/ネイティブアプリ開発での活用
さまざまなタスクの自動化
Orbsの作成
Appendix config.ymlの基本構造

著者紹介

浦井 誠人 (ウライ マサト)  
大学卒業後、フィリピンにてフロントエンド/バックエンド担当のエンジニアとして働いている。WEB+DB PRESS Vol.107にて特集『実践CircleCI』を執筆
大竹 智也 (オオタケ トモヤ)  
1983年生まれ。起業家、およびWebエンジニア。2010年にオンライン英会話「ラングリッチ」を起業し、2015年に「EnglishCentral」へ売却。2017年にエンジニア向け教育サービスを主軸とするフォーコード株式会社を設立
金 洋国 (キム ヒロクニ)  
CircleCIの初期からサポートやプロダクト開発に携わり、2018年にCircleCI Japanを立ち上げた。現在はSREチームで活躍中。エンジニアの仕事のかたわら電動キックボードのビジネスを起業し、現在はSWALLOW合同会社の代表としてさまざまな電動モビリティの普及活動も行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)