• 本

洋服で得する人、損する人 装いは生き方そのもの!

だいわ文庫 417−1D

出版社名 大和書房
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-479-30833-1
4-479-30833-4
税込価格 770円
頁数・縦 223P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

コロナ禍で改めて自宅のクローゼットを見直す人も多いはず。長引く自粛生活で洋服への価値観も大きく変わったかもしれません。そんな今だからこそ、自分にとって本当に必要な服とは?自分を幸せにしてくれる「幸せ服」を見つけてみませんか?高級なのにみすぼらしく見える。トレンドなのに老けて見える。買ったばかりなのにだらしなく見える―。「なぜか、うまくいかない」のは「不幸服」のせい?

目次

1 「不幸服」を手放すと得をする(得する人は365日毎日おしゃれ 損する人は何着持っているかをしらない
得する人は手放して潤う 損する人は人生をもったいなくする ほか)
2 着るだけで幸せになるのが「幸せ服」(得する人は笑顔に自信が持てる 損する人は自分の価値観を見失う
得する人は身のこなしが美しくなる 損する人は自分にネガティブになる ほか)
3 「幸せ服」だけを着る秘訣(得する人は1週間の戦略を持っている 損する人は毎日、同じ戦いを繰り広げる
得する人は前日の夜、決めている 損する人は一番忙しい朝、決めようとする ほか)
4 「幸せ服」がもたらす自分メンテナンス(得する人は思いやりでおしゃれ心を楽しんでいる 損する人は自分の気分だけで服を選ぶ
得する人はクローゼットの中も美しい 損する人はいらない服でパンパン ほか)
5 得する人は買い物も上手(得する人は流行に合わせた「買い替え」ができる 損する人は似合わない服を買ってしまう
得する人は「買い足し」の前にアレをやっている 損する人はお店に行ってから考える ほか)

著者紹介

霜鳥 まき子 (シモトリ マキコ)  
株式会社SPSO代表。パーソナルスタイリスト。日本航空国際線の客室乗務員として10年間勤務。その後、海外で運命の職業「パーソナルショッパー」を知り、パーソナルスタイリストに転向することを決意。「装い」とともにその人の生き方をスタイリングするパーソナルスタイリングで、洋服がもたらしてくれる幸せを広めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)