• 本

数学者と哲学者の密室 天城一と笠井潔、そして探偵と密室と社会

出版社名 南雲堂
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-523-26596-2
4-523-26596-8
税込価格 3,300円
頁数・縦 364,3P 20cm

商品内容

文学賞情報

2021年 第21回 本格ミステリ大賞 評論・研究部門受賞

要旨

本格ミステリの探偵はどのような推理をすべきか?密室などのトリックはどうあるべきか?そして、社会とどう対峙すべきか?戦中派の天城一と戦後派の笠井潔の作品からその答えを探し求める評論書!

目次

第1部 数学者と哲学者の探偵―探偵のレトリック(天城一の探偵
笠井潔の探偵)
第2部 数学者と哲学者の密室―戦争と密室(天城一と笠井潔の密室
天城一と笠井潔の応酬)
第3部 数学者と哲学者の社会―社会への批判(天城一の社会
笠井潔の社会)

おすすめコメント

本格ミステリの探偵はどのような推理をすべきか?そして、社会とどう対峙すべきか?戦中派の笠井潔の作品からその答えを探し求める評論書!

著者紹介

飯城 勇三 (イイキ ユウサン)  
1959年宮城県生まれ。東京理科大学卒。エラリー・クイーン研究家にしてエラリー・クイーン・ファンクラブ会長。2011年『エラリー・クイーン論』(論創社)で第11回本格ミステリ大賞・評論部門を2018年に『本格ミステリ戯作三昧』(南雲堂)で第18回本格ミステリ大賞・評論部門を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)