• 本

本当はごはんを作るのが好きなのに、しんどくなった人たちへ

出版社名 ぴあ
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-8356-3982-6
4-8356-3982-0
税込価格 1,540円
頁数・縦 189P 19cm

商品内容

要旨

今日はもう、作る気力も体力も残っていない…「おうちごはんを作る人」の気持ちに寄り添う一冊。

目次

第1章 「ねばならない」にさようなら(なぜごはん作りはしんどいのか
料理研究家だって、毎日のごはん作りはしんどいんです
ハイレベルな料理がしんどさの原因 ほか)
第2章 理想と現実の間を埋める方法(大皿料理の落とし穴
洗い物を減らすためにお茶碗やめてみました
子どもが嫌いな野菜を食べさせる必要があるのか? ほか)
第3章 考えたくない日の「手間」を排除する料理が本当に楽になる実用レシピ(「包丁」と「まな板」を排除する
副菜はレンジにお任せ
味付けを排除する ほか)

出版社・メーカーコメント

人気料理研究家・コウケンテツ初の書き下ろしエッセイ! おうちごはん作りに疲れてしまったすべての人へ寄り添う一冊。  料理研究家だって、  毎日のごはん作りはしんどいんです「僕にとって、そもそも料理をすることは「楽しみ」でした。  日々のごはん作りはもちろん、料理研究家として仕事を始めてからは、 いろいろなレシピを生み出すことにやりがいを感じていました。 ただ、それは結婚して子どもが生まれる前の記憶。  子どもが生まれると、なんだか料理作りがしんどい。  考えるのが面倒だ。今日は作りたくない…… 。 そんな日が増えていったのです」  「毎日のごはんを作るのは終わりなき戦いのようなものです。  作っても、作っても、作らないといけないんですから。 」  「子どもの保育園の着替えを洗濯して、風呂掃除もしなければ。 やらなければいけない仕事もまだ残っているのに…… 。  今日は一汁一菜も無理な僕は、料理家以前に人間失格なのでは…… 」  「スーパーで販売している焼き鳥やコロッケも朝ごはん代わりの菓子パンも僕にとってはいざというときに頼れる「駆け込み寺」的な存在」  (以上、本書より)

著者紹介

コウ ケンテツ (コウ ケンテツ)  
1974年大阪府生まれ。料理研究家。旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理を提案し、テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍中。また30か国以上を旅し、世界の家庭料理を学んだ経験も持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)