• 本

大相撲史入門

角川ソフィア文庫 I157−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-04-400593-1
4-04-400593-1
税込価格 1,408円
頁数・縦 433P 15cm

商品内容

要旨

神事相撲から現代までの栄枯盛衰、土俵や番付の起源や変遷、雷電・梅ヶ谷・陣幕ほか名力士たちの事績等、日本の国技の全てを明らかにする。江戸時代の番付になぜ「横綱」の記載がないのか。土俵はいつから円形になったのか。横綱土俵入りになぜ雲龍型と不知火型があるのか。行司家元の吉田家等が「創作」した故実や巷間流布した言説も鵜呑みにせず、史実や史跡を丁寧に再検証。著者50年に亘る相撲史研究の粋を集めた入門書。

目次

1 歴史
2 横綱
3 家元
4 番付
5 土俵
6 相撲と浮世絵
7 事件・騒動
8 こぼれ話

出版社・メーカーコメント

往年の名相撲ジャーナリストが詳説。歴史・由来・文化が一冊でわかる入門書相撲はいつから始まったの? 大相撲と相撲の違いは? 国技館は誰が作ったの? 横綱は昔いなかった? 土俵は四角だった!? 日本人ならば知っておきたい由来や史実がわかる入門書。

著者紹介

池田 雅雄 (イケダ マサオ)  
1915年、東京両国生まれ。日本大学芸術学部中退。37年、博文館入社。『野球界・相撲号』の編集を経て、42年『東亜新報』の記者として中国河北省石門支社へ赴任。46年帰国後、49年にベースボール・マガジン社入社。日本相撲協会機関誌「相撲」の編集に従事。55年から66年まで相撲博物館へ出向。『日本相撲史』編纂委員を経て、月刊「相撲」の編集長、顧問を歴任。幅広く相撲研究に取り組み、多くの記事やエッセイを執筆した。88年、死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)