• 本

小説ドラマ恐怖新聞

角川ホラー文庫 ん61−1

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-04-110840-6
4-04-110840-3
税込価格 748円
頁数・縦 342P 15cm

商品内容

要旨

京都市内の大学に通う小野田詩弦の下に届いたのは、様々な事件や事故を予言する恐怖新聞。詩弦は未来を変えようと奮闘するが、新聞を1度受け取るごとに100日ずつ寿命が縮まることを知り困惑する。自分を守るため、恐怖新聞の次なる契約者を探すも死へのカウントダウンは止まらない。悪夢のような毎日が続き彼女の日常が崩れ始めた時、さらなる壁が立ちはだかる。つのだじろうの名作を実写化したドラマを完全ノベライズ!

出版社・メーカーコメント

この新聞を読んだら、死ぬ。あなたはどうしますか?:恐怖新聞の契約者となった詩弦は予言に抗い人々を救おうとする。しかし、恐怖新聞を読むたびに彼女の寿命は縮まっていく。恐怖新聞をめぐる詩弦の運命、そして驚愕の真実とは一体!?

著者紹介

乙一 (オツイチ)  
1996年「夏と花火と私の死体」で第6回集英社ジャンプ小説・ノンフィクション大賞を受賞しデビュー。2003年『GOTHリストカット事件』で第3回本格ミステリ大賞を受賞
高山 直也 (タカヤマ ナオヤ)  
東京都出身。大学在学中に演出家・蜷川幸雄氏に師事。「特命係長只野仁」「着信アリ」など数々のテレビドラマの脚本を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)