• 本

作家の贅沢すぎる時間 そこで出逢った店々と人々

出版社名 双葉社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-575-31572-1
4-575-31572-9
税込価格 1,100円
頁数・縦 309P 18cm

商品内容

要旨

美味い、不味いじゃない。行き着くところは「味より人」である。執筆のあとに、旅した街で…作家の心と腹を満たした“馴染味の店”75軒を初公開。初の食エッセイ集!

目次

第1章 作家の贅沢すぎる時間(北は海の幸が違う
炉端焼の名店
真の体力、気力の食べ物
信頼できる喰い道楽 ほか)
第2章 日々想い、言葉を綴る(ミサイル?それを書けって?
新刊『琥珀の夢』のあれこれ
阿佐田、色川の二冊の新刊
休日の読書は ほか)

出版社・メーカーコメント

大病から復帰した作家・伊集院静氏の最新エッセイ集。第一章では自分が居を構えた場所や旅に出た土地、馴染みの街で通った”食の名店”をはじめて紹介。高級店から庶民的な居酒屋まで作家が辿り着いた最高の贅沢を語る。第二章では日々思うことや身の回りで起こった出来事など作家独特の目線で綴っていく。大人気エッセイ集第三弾。

著者紹介

伊集院 静 (イジュウイン シズカ)  
1950年山口県防府市生まれ。立教大学卒業後、CMディレクター、コンサート演出などを経て81年『皐月』で作家デビュー。91年『乳房』で第12回吉川英治文学新人賞、92年『受け月』で第107回直木賞を受賞。94年『機関車先生』で第7回柴田錬三郎賞、02年『ごろごろ』で第36回吉川英治文学賞、14年『ノボさん 小説 正岡子規と夏目漱石』で第18回司馬遼太郎賞を受賞している。16年、紫綬褒章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)