• 本

フライパンひとつで極みのフレンチ

出版社名 世界文化社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-418-20316-1
4-418-20316-8
税込価格 1,980円
頁数・縦 127P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「フライパンだけで大丈夫!」ポークソテーもローストビーフもブイヤベースも絶対おいしく作れます。シェフ直伝おうちフレンチ54皿。洋食レシピからビストロ風煮込みまで。

目次

1 フライパンだからこそ!の「焼きの旨さ」を極める(鶏もも肉のソテエルブ・ド・プロヴァンスの香り
鶏もも肉のソテきのこのシャスール
ポークソテー ほか)
2 フライパンでうまくいく!TAKARA流「ビストロ肉レシピ」(鶏むね肉と野菜のエチュベ
手羽中とポテトのブレゼローズマリー風味
鶏もも肉のブレゼバスケーズ ほか)
3 フライパンにおまかせ!身近な魚介も極みのフレンチに(いわしのプロヴァンス風
才巻海老とホワイトアスパラガスのエチュベ
帆立とかぶのエチュベ ほか)

出版社・メーカーコメント

名門「レカン」6代目総料理長として活躍後、「レストラン ラフィナージュ」でミシュラン1つ星を手にした高良シェフ。そんな実力派シェフが《フライパンひとつで作れる、定番フレンチ》を伝授。シンプルに焼くだけ!間違いのない美味しさ〜鶏のソテー、サーロインステーキ、ローストビーフ、ハンバーグ〜などいつもの味が格上げできるベーシック編から、軽く煮込むだけの珠玉のフレンチ編〜鶏のバスク風、カスレ、豚肉のブランケット、ビーフストロガノフ、ブイヤベース〜など全50レシピをお教えします。フライパンで作るデザートとして、伝説のクレープシュゼットも登場。だし(フォン)やソースを別に用意しなくてもおいしいフレンチが作れるなんて!嬉しいレシピが満載です。

著者紹介

〓良 康之 (タカラ ヤスユキ)  
「レストランラフィナージュ」オーナーシェフ。1967年、東京都生まれ。ホテルメトロポリタン勤務を経て、1989年渡仏。「ラミロテ」(ロワイヨン)を皮切りに「オーベルジュ・ブレッサン」(ブレス)、「ラ・プティット・クール」(パリ)、「オンブルモン」(サヴォア)「パン・アデュール・エ・ファンテジ」(ランド)の各地で研鑽を積む。帰国後は、赤坂「ル・マエストロ・ポール・ボキューズ・トーキョー」副料理長、日比谷「南部亭」料理長を歴任し、2002年「ブラッスリー・レカン」オープンに伴い、料理長の就任。「銀座レカン」総料理長を経て、2018年10月、自身の店「レストラン ラフィナージュ」をオープン。2020年にミシュラン1つ星を獲得。フランス料理有識者の協会「クラブ アトラス」会長を務め、料理講習会などプロから愛好家向けまで、精力的に活動している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)