• 本

私流演技とは わが役者人生の歩みとともに

出版社名 本の泉社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-7807-1977-2
4-7807-1977-1
税込価格 1,870円
頁数・縦 221P 19cm

商品内容

要旨

舞台生活70年、長く劇団前進座の大看板を勤め、歌舞伎から現代劇まで、数々の名舞台で知られる著者が、自在な筆致で描き出す演劇空間。役者魂に貫かれた渾身の一冊!

目次

1(時代の痛みを背負った対話劇―『玄朴と長英』)
2(会話の妙とダイナミックな様式美―『鳴神』
「歌うな語れ」「語るな歌え」―『修禅寺物語』 ほか)
3(『蓮如さん』を演じて)
4(わが半生を語る―問われるままに
父の背中で ほか)

著者紹介

嵐 圭史 (アラシ ケイシ)  
屋号=豊島屋(てしまや)。1940年、五代目嵐芳三郎の次男として東京に生まれる。兄は故・六代目嵐芳三郎。妹・寺田路恵(文学座)、弟・麦人(声優)、妹・広瀬節子(シャンソン歌手)。1959年、俳優座演劇研究所附属俳優養成所を卒業、同年、劇団前進座に入座。「劇団第二世代」の中核の一人として、長く前進座の看板俳優を勤める。歌舞伎はもとより、他社出演を含めた歴史劇・現代劇まで、多彩で幅広い役々を演じ、総ステージ数は1万回を超える。2017年に離座、圭史企画を設立。主な受賞歴:毎日芸術賞『子午線の祀り』平知盛役(1979年)/紀伊國屋演劇賞個人賞『子午線の祀り』平知盛役(1985年)/文化庁芸術祭賞受賞『怒る富士』伊奈半左衛門役(1993年)/名古屋演劇ペンクラブ賞『天平の甍』鑑真役(2003年)/岡山市民劇場男優主演賞・倉敷市民劇場男優主演賞『五重塔』十兵衛役(2009年)/芸術選奨文部科学大臣賞『江戸城総攻』徳川慶喜役(2009年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)