• 本

エネルギー・シフト 再生可能エネルギー主力電源化への道

出版社名 白桃書房
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-561-71223-7
4-561-71223-2
税込価格 2,500円
頁数・縦 164P 21cm

商品内容

目次

はじめに:加速するエネルギーシフト
序章 人類が直面する二律背反
第1章 「再生可能エネルギー主力電源化」と直面する課題―第5次エネルギー基本計画の検討
第2章 再生可能エネルギーをどうするか―主力電源化への2つのアプローチ
第3章 原子力発電をどうするか―カギ握る使用済み核燃料の処理
第4章 火力発電をどうするか―CCSとCCU
第5章 水素への期待―エネルギー構造全体を変える可能性
第6章 再生可能エネルギー主力電源化の担い手は誰か―ゲームチェンジャーの出現
おわりに:「再生可能エネルギー主力電源化」への道

著者紹介

橘川 武郎 (キッカワ タケオ)  
現在、国際大学大学院国際経営学研究科教授、東京大学名誉教授、一橋大学名誉教授。1951年和歌山県生まれ。1983年、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。経済学博士。青山学院大学経営学部助教授、東京大学社会科学研究所教授、一橋大学大学院商学研究科教授、東京理科大学大学院イノベーション研究科教授を経て、現在に至る。その他、経営史学会会長、総合資源エネルギー調査会委員等を歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)