• 本

真夜中のデッド・リミット 下

扶桑社ミステリー ハ19−38

出版社名 扶桑社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-594-08598-8
4-594-08598-9
税込価格 1,078円
頁数・縦 383P 16cm
シリーズ名 真夜中のデッド・リミット

商品内容

要旨

占拠された核ミサイル発射基地。プラー大佐は、副官のスケージー少佐やFBI捜査官アクリーらとともにデルタ・フォースの混成チームを結成、困難な作戦に挑む。基地の構造を知り尽くしたテロリストのリーダー“将軍”と、基地の設計者である天才シオコールとの頭脳戦。見つからない突破口。迫りくる破滅のカウント・ダウン。彼らは果たして世界を終末の危機から救えるのか?巨匠ハンターの名を世に知らしめた初期の代表作にして軍事サスペンスの最高峰、ここに復刊なる!

出版社・メーカーコメント

巨匠スティーヴン・ハンター初期の代表作、ついに復刊!『このミステリーがすごい!’89年版』海外編第2位アメリカ・メリーランド州にある、山中深くに配された核ミサイル発射基地。全米で唯一、単独発射が可能なこの基地が、謎の武装集団に占拠された。最新鋭核ミサイルの発射を阻止するためには、基地に潜入するしかない。ミサイルの発射キーは現状チタニウム合金製の保管庫に収められているが、破られてしまうのも時間の問題だ。デッド・リミットは深夜零時。ミサイル発射までに残された時間は十数時間しかない。絶体絶命の状況下で、デルタ・フォースを創設した歴戦の勇士プラーに特命が下る!

著者紹介

ハンター,スティーヴン (ハンター,スティーヴン)   Hunter,Stephen
1946年ミズーリ州カンザスシティ生まれ。68年ノースウェスタン大学卒業。71年ボルティモアサン紙に入社。書評担当などを経て映画批評担当になる。96年ワシントンポスト紙に転じ、映画批評部門のチーフとなる。2003年ピューリッツアー賞(批評部門)を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)