• 本

片付けは減らすが9割 ゆるミニマリストが教えるがんばらない整理術

出版社名 ぱる出版
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-8272-1248-8
4-8272-1248-1
税込価格 1,430円
頁数・縦 175P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

掃除が「秒」で終わる、収納の工夫が1mmもいらなくなる、さがしものがゼロになる…「片付けられない自分」を責めてしまうマジメすぎる人の、「ハードルをぺったぺたに下げた」片付けマインドや方法。

目次

第1章 「優しい人ほど片付けベタ」という私の仮説(「片付け→散らかり→片付け→…」のループから抜け出す
なぜ、片付け本を持っている人ほど片付けられないのか? ほか)
第2章 衣食住の「がんばらない」減らし方(「やる気ゼロ」でも掃除できる方法6選
習慣化に必要なのは「ゆるさ」ハードルはぺったぺたに下げる ほか)
第3章 減らすときの「困ったあるある」Q&A(「ものを溜めこむ人」を変えようとしてはいけない
なぜ、災害にあった人ほど「ものを減らそう」と思うのか? ほか)
第4章 ものを減らすと「お金とか時間」でもこんないいことあった(「貯蓄が苦手」でもストレスフリーでお金が増える
「食」「体験」「出会い」で「死に金を使わない」コツ ほか)

出版社・メーカーコメント

わたしたちに、もうモノは必要ない…とまでは言わない。少しは必要。でも、たくさんはいらない。ちょっとだけでいい!本書には、そんな「ゆるミニマリスト」による、「シンプルで、小さい暮らし方」の実現法が書かれています。「『まだ着る』と『まだ着られる』は、全然違う」「スーパーで誘惑に負けずに、買いすぎない方法」「不要なプレゼントには、『その気持ちだけで十分です!』」など、阪口流「衣食住の『がんばらない減らし方』」の要点を紹介。家族人数にかかわらず、阪口さんの「シンプルで小さい暮らしぶり」は、とても参考になります。「暮らしのダウンサイジング」はしたい。けれども、「ミニマリスト」という言葉は、なんか「重い」。そんな、ズボラでも毎日を大切に過ごしたい、「ガチ・ミニマリスト未満」の人に向けた本。

著者紹介

阪口 ゆうこ (サカグチ ユウコ)  
1981年生まれ。片付けブログ『HOMEbyREFRESHERS』管理人、整えアドバイザー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)