• 本

新しい農業経済論 マクロ・ミクロ経済学とその応用

新版

有斐閣ブックス 382

出版社名 有斐閣
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-641-18450-3
4-641-18450-X
税込価格 2,530円
頁数・縦 211P 22cm
シリーズ名 新しい農業経済論

商品内容

要旨

牛肉・オレンジに始まった農産物の輸入自由化、円高と日本農業など国際化する食料問題や日本農業の現実を解説したうえで、経済学を用いて説明する。政策の章を新しくし、初学者でも学べるよう付録のマクロ・ミクロ経済学の基礎と分析を充実させた新版。

目次

第1部 国際化時代の食料と農業(国際化時代の食料と農業
世界農業の不均衡発展
農産物と米の自由化)
第2部 日本農業と食料経済学(農業の特殊性と日本農業
日本の農産物の生産と消費
日本の農家経済と生産要素)
第3部 日本農政の課題と展開方向(財政金融構造の変化と農業
農業政策の課題と展開方向
TPPの変遷と種子法廃止)

出版社・メーカーコメント

牛肉・オレンジに始まった農産物の輸入自由化,円高と日本農業など国際化する食料問題や日本農業の現実を説明するテキスト。新版化に際し,政策の章を新たにし,初学者でも学べるよう,付録のマクロ・ミクロ経済の基礎,またそれらを用いた分析を充実させた。

著者紹介

山口 三十四 (ヤマグチ ミトシ)  
神戸大学名誉教授、博士(経済学)、ミネソタ大学Ph.D.。1943年京都府に生まれる。1967年京都大学農林経済学科卒業。1969年同修士課程修了。1973年神戸大学経済学部講師。1975年同助教授。1985年同教授。おもな著作:『日本経済の成長会計分析―人口・農業・経済発展』有斐閣、1983年(日経・経済図書文化賞受賞)。『産業構造の変化と農業―人口と農業と経済発展』有斐閣、1994年(日本農業経済学会学会賞受賞)。『人口成長と経済発展―少子高齢化と人口爆発の共存』有斐閣、2001年(日本人口学会学会賞受賞)
衣笠 智子 (キヌガサ トモコ)  
神戸大学大学院経済学研究科教授、ハワイ大学Ph.D.。1975年兵庫県に生まれる。1998年神戸大学経済学部卒業。2000年神戸大学大学院経済学研究科博士課程前期課程修了。2000年神戸大学大学院経済学研究科助手。2004年同講師。2006年同助教授。同准教授を経て2016年同教授
中川 雅嗣 (ナカガワ マサツグ)  
帝塚山大学経済経営学部准教授、神戸大学博士(経済学)。1965年滋賀県に生まれる。1992年立命館大学法学部卒業。2007年神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程修了。2019年帝塚山大学経済経営学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)