• 本

天国酒場

出版社名 柏書房
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-7601-5148-6
4-7601-5148-6
税込価格 1,760円
頁数・縦 183P 19cm

商品内容

要旨

川のほとりのパラダイス、江戸から続く老舗茶屋、山上の回転喫茶、動物園前の売店食堂、地下街の迷宮店、線路際に佇むおでん屋台…伝えたい残したい、レガシー名店の数々を紹介する酒と食の極楽紀行エッセイ。

目次

橋本屋―自然と自分の境界が曖昧になる飯能の川床
武蔵野園―進化の先が想像できない水上の手作りリゾート
おんたき茶屋―目の前の滝を眺めながら飲める。それだけでじゅうぶんなのに…
井泉亭―とんでもなく長い歴史を持ちながら、このまったり感
阿部商店―日本のふるさとの原風景が広がる店へ“擬似”里帰り
清流ガーデン澤乃井園―老舗酒蔵が本気を出すと、こうも天国
セルフサービスフレンチ・ルナティック―聖なる川「多摩川」を臨む、天国酒場的三つ星レストラン
マサラ豊島園店―日常、インド、遊園地、三つの境目が交差する
東照宮第一売店―日本屈指の観光スポット「上野公園」にも天国酒場はあった〔ほか〕

著者紹介

パリッコ (パリッコ)  
1978年東京生まれ。酒場ライター、漫画家/イラストレーター、DJ/トラックメイカー、他。酒好きが高じ、2000年代後半よりお酒と酒場に関する記事の執筆を始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)