• 本

京大よ、還せ 琉球人遺骨は訴える

出版社名 耕文社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-86377-060-7
4-86377-060-X
税込価格 1,870円
頁数・縦 249P 19cm

商品内容

要旨

琉球民族遺骨返還請求訴訟が提起する問題はなにか。なぜ再風葬を求めるのか―“琉球の人骨なら研究に利用してもいい”という差別と植民地主義が、研究者の意識の根底にある。京大だけでなく旧帝国大学には、琉球・アイヌ民族の他、アジア各地から持ち出された遺骨があると見られる。いま、大学の真摯な応答、調査、返還が求められている。

目次

1 京大は遺骨を元の場所に返しなさい(京大は遺骨を元の場所に返しなさい
哀しき哉、我が先祖! ほか)
2 京大による遺骨盗掘問題とは何か(京都帝大の人類学者の植民地主義的ダブルスタンダード
京都大学の植民地主義を問う ほか)
3 琉球の死生観・歴史・骨神信仰(遺骨返還は私たちの責任
骨神信仰からみた琉球と日本―「皇民化」と差別の一四〇年 ほか)
4 なぜ再風葬を求めるのか 民族の自己決定権(琉球・沖縄人のアイデンティティと自己決定権の確立へ!!―百按司墓と「遺骨保管場所」京大総合博物館の現地調査を
琉球の自己決定権と遺骨収奪 ほか)

著者紹介

松島 泰勝 (マツシマ ヤスカツ)  
1963年琉球・石垣島生まれ。在ハガッニャ(グアム)日本国総領事館と在パラオ日本国大使館の専門調査員等を経て、龍谷大学教授。琉球民族遺骨返還請求訴訟原告団長。琉球民族遺骨返還研究会代表
山内 小夜子 (ヤマウチ サヨコ)  
愛媛県生まれ。真宗大谷派(東本願寺)僧侶。琉球遺骨返還請求訴訟支援全国連絡会事務局長。大谷大学非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)