• 本

本所おけら長屋 15

PHP文芸文庫 は3−16

出版社名 PHP研究所
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-569-90071-1
4-569-90071-2
税込価格 700円
頁数・縦 304P 15cm
シリーズ名 本所おけら長屋

商品内容

要旨

江戸は本所亀沢町の「おけら長屋」に住む浪人・鉄斎のもとへ、一人の若き武芸者が訪れ、真剣での立ち合いを求めてきた。いったい何のために勝負を挑んできたのか。そして、鉄斎の過去を知った長屋の面々は…「ふゆどり」。勤め先の店で、険悪な関係の嫁と姑に振り回される万造。ある日、色白の優男が店にやってきたことをきっかけに、嫁姑の争いは激しさを増していき…「あきなす」など、傑作四篇を収録。文庫書き下ろし。

出版社・メーカーコメント

万造が嫁姑問題を解決? 鉄斎が剣客に真剣勝負を挑まれる!? 江戸の四季を背景に、笑って泣ける人情話が詰まった大人気シリーズ最新巻!

著者紹介

畠山 健二 (ハタケヤマ ケンジ)  
1957年、東京都目黒区生まれ。墨田区本所育ち。演芸の台本執筆や演出、週刊誌のコラム連載、ものかき塾での講師まで精力的に活動する。2012年、『スプラッシュマンション』(PHP研究所)で小説家デビュー。文庫書き下ろし時代小説『本所おけら長屋』(PHP文芸文庫)が好評を博し、人気シリーズとなる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)