• 本

日本人に忘れられたガダルカナル島の近現代史

出版社名 扶桑社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-594-08569-8
4-594-08569-5
税込価格 1,760円
頁数・縦 262P 19cm

商品内容

要旨

中国の札束外交にソロモン諸島は陥落寸前!日本軍の撤退後、悲劇の激戦地はいかなる歴史をたどり、中国はどのように浸透していったのか。切手や郵便物を資料とする“郵便学”で読み解く!

目次

第1章 知られざる英領の島(ソロモン諸島の発見
カートレットとブーガンヴィル ほか)
第2章 餓島の戦い(第二次欧州大戦の勃発
英国の杜撰な対日戦準備 ほか)
第3章 想定外だった“独立への道”(米軍が促した覚醒
マアシナ・ルール ほか)
第4章 そして再び、ガダルカナルは最前線になった(平和慰霊公苑
ガダルカナル四〇年祭 ほか)

著者紹介

内藤 陽介 (ナイトウ ヨウスケ)  
1967年東京都生まれ。東京大学文学部卒業。郵便学者。日本文藝家協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)