• 本

日本人の希望

出版社名 講談社
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-06-521362-9
4-06-521362-2
税込価格 1,540円
頁数・縦 196P 19cm

商品内容

要旨

不安に押しつぶされそうなとき、明日が見えなくて苦しいとき、この本を手に取ってほしい。たましいに力がみなぎる「67の処方箋」。

目次

第1章 幸せって何だろう?
第2章 「聖なるあきらめ」を手に入れる
第3章 他者を赦して、自分を赦す
第4章 苦難だらけの世の中を生き抜くために
第5章 幸せになるのが下手な日本人
第6章 老いること、死ぬことにどう向き合うか
第7章 人は傷つきながら成長する

出版社・メーカーコメント

不安に押しつぶされそうなとき、明日が見えなくて苦しいとき、この本を手に取ってほしい。たましいに力がみなぎる「67の処方箋」終わらない新型コロナウイルスの脅威、細っていく経済……誰もが今、明日がどうなるか見えなくて、不安を抱えながら生きています。希望の灯はもう消えてしまったのか?「そんなことはない」と、二人は断言します。鈴木「どんなことでも物事の中には相反する二つのエネルギーが引き合っていて、メリットがあれば必ずデメリットがある。そしてデメリットがあれば、そのデメリットによってもたらされるメリットが必ずあるのです」江原「辛いこと、悲しいことがあった日も、『このことによるメリットは?』と考えてみると絶対に何かあるはずなんですよ。そのメリットのほうだけを見つめて生きていける人は、幸せ上手な人といえるでしょうね」希望の灯はあなたの心の中、たましいの中にともっています。ここに書かれている「67の処方箋」を読むことで、希望への道が必ず拓かれることでしょう。

著者紹介

江原 啓之 (エハラ ヒロユキ)  
スピリチュアリスト、オペラ歌手。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会代表理事。1989年にスピリチュアリズム研究所を設立
鈴木 秀子 (スズキ ヒデコ)  
聖心会シスター。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。文学博士。フランス、イタリアに留学。スタンフォード大学で教鞭をとる。聖心女子大学教授(日本近代文学)を経て、国際コミュニオン学会名誉会長。聖心女子大学キリスト教文化研究所研究員・聖心会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)