• 本

歴史学の縁取り方 フレームワークの史学史

出版社名 東京大学出版会
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-13-026267-5
4-13-026267-X
税込価格 5,500円
頁数・縦 269P 22cm

商品内容

目次

序章 「事実をして語らしめる」べからず―職業としての歴史学
第1章 戦後日本の経済史学―戦後歴史学からグローバル・ヒストリーまで
第2章 「転回」以降の歴史学―新実証主義と実践性の復権
第3章 「封建」とは何か?―山田盛太郎がみた中国
第4章 経済史学と憲法学―協働・忘却・想起
第5章 歴史学研究における「フレームワーク」―インド史研究の地平から
第6章 「小さな歴史」としてのグローバル・ヒストリー―一九五〇年代の新潟から冷戦を考える
第7章 読者に届かない歴史―実証主義史学の陥穽と歴史の哲学的基礎

著者紹介

恒木 健太郎 (ツネキ ケンタロウ)  
1979年生。2010年、京都大学大学院人間・環境学研究科で博士学位を取得。現在、専修大学経済学部准教授
左近 幸村 (サコン ユキムラ)  
1979年生。2012年、北海道大学大学院文学研究科で博士学位を取得。現在、新潟大学経済科学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)