• 本

桃色一軒家

三交社艶情文庫 SEJ−036

出版社名 三交社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-8155-7536-6
4-8155-7536-3
税込価格 794円
頁数・縦 286P 15cm

商品内容

要旨

田舎の里山にあるポツン、と一軒家の古民家宿『小綬鶏亭』を経営する深山大樹は都会からのUターン組の28歳だ。ある日、テレビの取材が入り、「ひっそり、隠れ家」のタイトルで放送される。それを機に、一日ひと組限定の宿にも関わらず、お客さんが多く訪れるようになり休む暇もなくなるが、ある夜、女性客との間で大樹は妖しいムードになり快楽関係に陥ってしまう。その後次々と熟女や若い女性客と淫らな経験をし、あまつさえ、従業員の人妻とも…。著者が描く里山の桃源郷的セックス・ストーリーの傑作編!!

著者紹介

鷹澤 フブキ (タカザワ フブキ)  
東京都出身。OL、秘書、高級クラブホステス、フリーランスのミストレスなどを経て、「禁虐オフィス」(二見書房)で作家デビューをする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)