• 本

アンチソーシャルメディア Facebookはいかにして「人をつなぐ」メディアから「分断する」メディアになったか

出版社名 ディスカヴァー・トゥエンティワン
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-7993-2609-1
4-7993-2609-0
税込価格 2,530円
頁数・縦 454P 19cm

商品内容

要旨

何気ない「いいね!」が、私たちを分断する。フェイクニュース、フィルターバブル、アテンション・エコノミー…善意のテクノロジーが、民主主義を崩壊させていく。ワシントン・ポスト紙他で話題!ソーシャルメディアの功罪と今後。

目次

はじめに フェイスブックの問題とは何か?
第1章 喜びを生むマシン―私たちを虜にするフェイスブック
第2章 監視するマシン―完全監視社会の到来
第3章 関心を引くマシン―アテンション・エコノミー時代で勝つのは誰か
第4章 善意のマシン―善意がもたらす数々の失敗
第5章 抗議するマシン―フェイスブックは世界を変えるか
第6章 政治のマシン―フェイスブックは政治も動かすのか
第7章 ニセ情報のマシン―フェイスブックが吐きだすフェイクニュース
おわりに ナンセンスのマシン

著者紹介

ヴァイディアナサン,シヴァ (ヴァイディアナサン,シヴァ)   Vaidhyanathan,Siva
バージニア大学メディア研究教授、ならびに、メディアと市民権センター長、アメリカデジタル公共図書館理事、ニューヨーク人文科学研究所フェロー。メディア学や法学の研究に従事。1999年から2007年までは、ニューヨーク大学の文化・コミュニケーション部門に勤務。The Guardian and Slateの常任コラムニストの他、多くのメディアにも寄稿している
松本 裕 (マツモト ユウ)  
オレゴン州立大学卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)