• 本

Coders 凄腕ソフトウェア開発者が新しい世界をビルドする

出版社名 日経BP
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-8222-8979-9
4-8222-8979-6
税込価格 2,640円
頁数・縦 429P 21cm

商品内容

要旨

「社会を作り変えたいならコードを書くのが一番だ」コーダーについて知らなければ、いまの世界を動かしている仕組みを理解することはできない。いま、世界を形作りつつあるコーダーとは、どういう人々なのか。彼らはなにをしようとしているのか。ソフトウェアの作成にのめり込むのはどういうタイプの人々なのか。彼らの仕事は我々にどういう影響を与えるのか。そして、彼らの仕事は彼ら自身にどういう影響を与えるのか。

目次

第1章 リアルを変えたソフトウェアアップデート
第2章 4世代のコーダー
第3章 絶え間ないフラストレーションと一瞬の喜び
第4章 コーダー気質
第5章 効率カルト
第6章 10倍、ロックスター、そして、能力主義なる神話
第7章 消えたENIACガール
第8章 ハッカー、クラッカー、自由の戦士
第9章 キュウリ、スカイネット、AIの蜂起
第10章 スケール、トロール、ビッグテック
第11章 コーディングとは肉体労働とみつけたり

出版社・メーカーコメント

デジタル世界を支える「デキるプログラマー」の考え方、行動様式を、本人たちへのインタビューを通して、解き明かす。

著者紹介

トンプソン,クライブ (トンプソン,クライブ)   Thompson,Clive
ニューヨークタイムズマガジンの記者であり、ワイアードのコラムニストでもある。1970年代から80年代のトロントで育つ。トロント大学で詩学と政治学を専攻した。オーバーシーズ・プレス・カウンシル賞やミラー賞を授与された実績もあり、ナイト・サイエンス・ジャーナリズムのフェローに任じられたこともある
井口 耕二 (イノクチ コウジ)  
技術系・実務系を得意とする翻訳者。1959年生まれ。東京大学工学部卒、米国オハイオ州立大学大学院修士課程修了。卒業後は大手石油会社勤務を経て、1998年に技術・実務の翻訳者として独立。翻訳活動のかたわら、プロ翻訳者の情報交換サイト、翻訳フォーラムを友人と共同で主宰する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)