• 本

十津川警部殺しはトロッコ列車で

小学館文庫 に16−16

出版社名 小学館
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-09-406825-2
4-09-406825-2
税込価格 704円
頁数・縦 266P 15cm

商品内容

要旨

女優の衣川愛理は、ロケ中の休日を楽しもうと、京都・嵯峨野のトロッコ列車に乗車した。そこで見知らぬ男から、あなたは銃で狙われているから席を替わらないかと声を掛けられる。席を替わった愛理には、結局何も起きなかった。その後、東京と西伊豆で女性が銃で殺害される。使用された銃は同じであることが判明。三人の女性の共通点は、皆二十五歳ということだった。さらに、千代田区と世田谷区の区役所から五年前の成人式の名簿が盗まれる。十津川は、犯人グループの動機には、理不尽な想いがあると推理する。全面的な対決となった、驚愕のラストシーンとは!

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京生まれ。63年オール讀物推理小説新人賞、65年江戸川乱歩賞受賞。78年発表の『寝台特急殺人事件』がベストセラーとなる。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞、2005年日本ミステリー文学大賞、13年、デビュー五〇周年、十津川警部登場四〇周年を迎えた。19年、吉川英治文庫賞受賞。著作は六〇〇冊を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)