• 本

二つ(ダブル)の首相暗殺計画

実業之日本社文庫 に1−23

出版社名 実業之日本社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-408-55622-2
4-408-55622-X
税込価格 770円
頁数・縦 342P 16cm

商品内容

要旨

総理大臣が入院している大病院の看護師・佐伯明日香が自宅近くで死体となって発見された。恋人の男性も死亡が確認され、自殺か心中とみられたが、十津川警部は、病院の不審な動きと二人の死は関係があると捜査を始める。佐伯の曾祖父が戦時中の東條英機首相暗殺計画に加わっていたという証言に事件の糸口が…?十津川が歴史と事件の扉を開ける!

出版社・メーカーコメント

大病院の看護師の死の裏には血なまぐさい政界の権力闘争が!? 十津川警部の苦悩と誓いのドラマがはじまる! 渾身の長編ミステリー

著者紹介

西村 京太郎 (ニシムラ キョウタロウ)  
1930年東京都生まれ。公務員生活ののち、数々の職業を経ながら創作活動を続け、63年『歪んだ朝』でオール讀物推理小説新人賞、65年『天使の傷痕』で江戸川乱歩賞を受賞し、デビュー。81年『終着駅殺人事件』で日本推理作家協会賞を受賞。2001年湯河原町に「西村京太郎記念館」をオープン。全著作や作家としての記録を展示。04年日本ミステリー文学大賞を、10年長谷川伸賞、19年に吉川英治文庫賞を受賞した国民的作家。17年には著作が600冊に到達した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)