• 本

オッパイ入門

文春文庫 し6−95

出版社名 文藝春秋
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-16-791581-0
4-16-791581-2
税込価格 704円
頁数・縦 252P 16cm

出版社・メーカーコメント

これなくしては人類は生きられない!時に乳房であり、時にパイパイであり、時に乳幼児の食料の源泉であり、時にわけもなく揉んだりするものであり……つまり「おっぱい」には謙虚であらねばならない!!タオルのやわらかさと安らぎ感が好きすぎて、タオルを目にするたびにタオルに向かって小さく「好き!」と呟いてしまう、皮膚感覚についてのエッセイ「タオルっていいな」。思い立って失われた青春の現場=除籍になった早稲田大学を突撃し、懐かしのカツ丼を食べて感傷に浸る「遠ざかる青春」。さらに中野翠さんとの早稲田対談「恥ずかしい、都の西北」も収録。シリーズ今作も買って損なし!エッチでもチャーミングなショージワールド全開の期待を裏切らない一冊です。解説は東海林さんも大好きな「酒場放浪記」でおなじみの吉田類さん。