• 本

入門フリーメイスン全史 偏見と真実

文芸社文庫 か7−1

出版社名 文芸社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-286-22116-8
4-286-22116-4
税込価格 1,100円
頁数・縦 298P 15cm

商品内容

要旨

友愛団体フリーメイスンは中世の石工団体に遡る。石工の団体から友愛団体へとどのように変化したか。イギリスとフランス、アメリカでの事情を史料を参照しながら解説。日本ではフリーメイスンリーはどのように始まり、第一次世界大戦と太平洋戦争を経て、どのような経過を辿ったか。日本人の入会を認めず、日本社会への接触や宣伝などを禁止した紳士協定の存在についても明かす。「グランドリアン出現の経緯」「スコティッシュ・ライトの起源」「フリーメイスンとユダヤ人の関係」など、日本では一般に公開されていない情報にも言及する。

目次

第1章 石工団体
第2章 グランド・ロッジの創設
第3章 欧州への展開
第4章 植民地アメリカ
第5章 ライト(儀礼)
第6章 日本のフリーメイスンリー

著者紹介

片桐 三郎 (カタギリ サブロウ)  
1925年、横浜市に生まれる。1944年、横浜高等商業学校(現・横浜国立大学経済学部)卒。1951年、米国海軍海上輸送司令部船舶勤務、事務長。1963年、同陸上勤務、船舶運営部。フリーメイスン横浜支部「ファー・イースト・ロッジ」入会。1964年、日本コカ・コーラ(株)入社。1967年、同取締役就任、営業統括。1982年、同退社。シンガポール、(株)CNウェスト社社長。1991年、健康上の理由により退社。2004年、日本グランド・ロッジ、グランド・マスター就任。2018年12月、没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)