• 本

裁判例からみた面会交流調停・審判の実務

第2版

出版社名 日本加除出版
出版年月 2020年9月
ISBNコード 978-4-8178-4677-8
4-8178-4677-1
税込価格 4,510円
頁数・縦 419P 21cm
シリーズ名 裁判例からみた面会交流調停・審判の実務

商品内容

要旨

面会交流に関する公刊された全裁判例を網羅。高葛藤事案が増加する昨今の面会交流の調停・審判に指針を示す1冊。元家庭裁判所裁判官が調停・審判の運用の在り方を実践的に解説。全129例掲載。

目次

第1章 問題の所在と学説・裁判例の動向(改正民法766条の意義
原則的実施論の特性と危険性 ほか)
第2章 裁判例概観(沼邊審判(離婚後再婚事案)
親の自然的な権利 ほか)
第3章 裁判例の分析と原則的実施論の問題点(裁判例の類型的分類
2つの最高裁決定の位置づけ ほか)
第4章 面会交流調停・審判の在り方(面会交流調停の在り方
面会交流審判の在り方 ほか)