• 本

きみの大逆転 ハワイ真珠湾に奇蹟が待つ

ワニブックス|PLUS|新書 307

出版社名 ワニ・プラス
出版年月 2020年11月
ISBNコード 978-4-8470-6157-8
4-8470-6157-8
税込価格 1,320円
頁数・縦 365P 18cm

商品内容

要旨

「日本は卑怯な騙し討ちで真珠湾を攻撃した。だからアメリカ人は今も怒っている。真珠湾に行くと、苛められるから、行かない方がいい」…そう真しやかに言われているハワイ真珠湾。ところがその真珠湾のゲンバでは、日本人が忘れている日本への絶讃が溢れている。日本の帝国海軍に軍艦を沈められ戦闘機を爆破され、兵の多くを殺されたそのアメリカが、アメリカの政府が日本を褒めちぎっているのだ。何のために、そんなことをするのか。殺された兵士の遺族やアメリカ国民は憤慨しないのか。憤慨どころか、証言を聴いていくと、生きる糧のひとつとしているのだった。一体ハワイ真珠湾ではどう日本を絶賛しているのか?安全保障に通暁した議員が説いていく。そして真珠湾訪問時、偶然目の当たりにした中国の工作活動とは?

目次

第1章 アメリカ陸軍博物館
第2章 真珠湾ビジター・センター
第3章 戦艦ミズーリ記念館
第4章 太平洋航空博物館
第5章 質疑応答
第6章 米兵の生き残り、ディック・ジロッコさんと
新章 タイムマシーンに乗って、降りて

出版社・メーカーコメント

2015年に出版された著者の名著、『青山繁晴の「逆転ガイド」』に書き下ろしの新章を加え、オールカラーで待望の新書化。ハワイの真珠湾には、私たちの、「真珠湾攻撃は卑怯だったと勝者アメリカに怒られている」という思い込み、「負けたから勝った側の言うとおりにしなければいけない」という刷り込みを「大逆転」する奇蹟が待っている。著者を水先案内人として、アメリカ陸軍博物館、真珠湾ビジターセンター、戦艦ミズーリ記念館、太平洋航空博物館をめぐり、そこにある、アメリカの日本への真っ直ぐで真っ当な評価を知り、迫りくる中国の脅威を痛感する。本書を読むことで、「きみ」に起きる「大逆転」が、私たちの祖国の未来をつくるのです。

著者紹介

青山 繁晴 (アオヤマ シゲハル)  
作家、参議院議員、議員グループ「日本の尊厳と国益を護る会」(護る会)代表、東大教養学部自由研究ゼミ講師、近畿大経済学部客員教授。神戸市生まれ。慶大文学部中退、早大政経学部卒業。共同通信記者、三菱総研研究員を経て、独立総合研究所(独研)の代表取締役社長・兼・首席研究員。2016年、独研を退き参議選当選。FM音楽番組でDJ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)