• 本

鱗の博物誌

出版社名 グラフィック社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-7661-3369-1
4-7661-3369-2
税込価格 4,180円
頁数・縦 295P 26cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

時に優れた鎧として、あるいは妖しい目眩しとして生物を護る「衣服」の進化・構造・機能を紐解く。

目次

魚類(魚類の鱗
古生代の魚類史
中生代の魚類史
新生代の魚類史)
爬虫類(爬虫類の鱗)
鳥類(鳥類の羽毛と鱗)

著者紹介

田畑 純 (タバタ マコト)  
東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科・硬組織構造生物学分野准教授。歯の組織・発生・進化を研究。その一環として魚鱗の研究にも取り組んでいて、宇宙実験やシーラカンス研究なども行っている
遠藤 雅人 (エンドウ マサト)  
東京海洋大学・学術研究院・海洋生物資源学部門准教授。専門は水族養殖学。特に魚や甲殻類を飼う装置・機材を駆使し、飼育する水生生物に最適な環境を作り出して生産性の向上を図ったり、養殖から排出される環境汚濁物質を野菜や海藻によって吸収するアクアボニックスの研究を行う
塩栗 大輔 (シオグリ ダイスケ)  
歯科医。第三島歯科口腔外科院長として、診察や治療、手術に励む。また、子どもの時から魚が好きで中学高校の時は鮎釣りに没頭、大学生のときに観賞魚の輸入販売の「勝鮎」を起業。勝鮎では、一般向けの観賞魚にとどまらず、大学や研究機関の要望に応える研究用魚類、水族館の展示用魚類、学校の教材なども手がける
安川 雄一郎 (ヤスカワ ユウイチロウ)  
1967年東京生まれ。京都大学理学研究科博士課程修了。現在は高田爬虫類研究所研究員。研究テーマは爬虫類の系統分類、生態、保全、外来生物問題、飼育・繁殖
栗山 武夫 (クリヤマ タケオ)  
東邦大学理学部博士研究員、ルンド大学博士研究員などを経て、現在は兵庫県立大学講師。研究分野は爬虫類の色素細胞、変異など
森本 元 (モリモト ゲン)  
(公財)山階鳥類研究所保全研究室・自然誌研究室研究員/東邦大学理学部客員准教授ほか。専門分野は生態学、行動生態学、鳥類学、羽毛学など。鳥類の色彩や羽毛の構造の研究や、山地性鳥類・都市鳥の生態、バイオミメティクス、鳥類の渡り、脚部欠損影響の研究等を手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)