• 本

鬼滅の日本史

出版社名 宝島社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-299-00970-8
4-299-00970-3
税込価格 1,100円
頁数・縦 207P 図版16P 19cm

商品内容

要旨

日本の古典には鬼が“実話”として記録されている。なぜ鬼は生まれ、人々を苦しめたのか。そして、鬼とは一体“誰”だったのか。『鬼滅の刃』のルーツと隠されたメッセージを探る。

目次

はじめに 『鬼滅の刃』に描かれた鬼のルーツに迫る
第1章 『鬼滅の刃』前史1 人類の捕食者鬼の誕生
第2章 『鬼滅の刃』前史2 実録人類VS.鬼
第3章 隠された鬼滅の暗黒史
第4章 新考察『鬼滅の刃』の謎
第5章 鬼とはなにか
あとがき 鬼は滅んだのか

出版社・メーカーコメント

歴史史料グラビア 鬼に喰われる人々   1章 『鬼滅の刃』前史@ 人類の捕食者 鬼の誕生  『鬼滅の刃』の鬼のルーツは古典にあった  鬼の誕生と進化の歴史  最初の鬼の誕生  組織化する鬼たち  血鬼術の登場  自らの意思で鬼になる人々 ほか   2章 『鬼滅の刃』前史A 実録 人類VS.鬼  鬼に喰われる側から鬼を斃す側へ  鬼を討伐した歴史上の英雄たち  平安時代の「柱」・藤原秀郷  リアル鬼殺隊・源頼光と四天王  妖術使いと死闘した大宅光圀と山城光成  安倍晴明の末裔・安倍泰成  ほか    3章 隠された鬼滅の暗黒史  『鬼滅の刃』は鬼VS.鬼の戦いだった  竈門炭治郎にみる技芸を行う「傀儡子」  時透無一郎にみる山中で生活する「サンカ」  宇髄天元にみる闇に生きる戦闘集団「忍者」  鋼鐵塚蛍にみる製鉄の専門集団「産鉄民」 ほか    4章 新考察 『鬼滅の刃』の謎  なぜマンガ『鬼滅の刃』は大ヒットしたのか  なぜ鬼は藤の花を嫌うのか  青い彼岸花はどこにあったのか  なぜ『鬼滅の刃』の鬼たちは異形の目を持つのか ほか    5章 鬼とはなにか  鬼には5つのカテゴリーがある  鬼として蔑まれた人々  山に棲む鬼女    あとがき  鬼は滅んだのか

著者紹介

小和田 哲男 (オワダ テツオ)  
1944年、静岡県生まれ。1972年、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了。2009年3月、静岡大学を定年退職。静岡大学名誉教授。研究分野は、日本中世史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)