• 本

辺境の怪書、歴史の驚書、ハードボイルド読書合戦

集英社文庫 た58−19

出版社名 集英社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-08-744168-0
4-08-744168-7
税込価格 704円
頁数・縦 318P 16cm

商品内容

要旨

面白い本を読んだら誰かと語り合いたい!バットゥータ『大旅行記』から町田康『ギケイキ』まで。ディープな本を辺境作家と歴史家が読んで語り合った読書会の記録。片や自らの体験から、片や学問的な視点から、内容への考察が加えられ、対象の本の魅力が再発見されていく。知的好奇心が刺激され読書への興味が膨れ上がる、興奮に満ちた一冊。文庫化にあたり新たに読書会を行い、一章を追加。

目次

第1章 『ゾミア』―文明は誰のもの!?
第2章 『世界史のなかの戦国日本』―世界に開かれていた日本の辺境
第3章 『大旅行記』全八巻―三〇年の旅の壮大にして詳細な記録
第4章 『将門記』―天皇を名乗った反逆者のノンフィクション
第5章 『ギケイキ』―正義も悪もない時代のロードムービー的作品
第6章 『ピダハン』―あらゆる常識を超越する少数民族
第7章 『列島創世記』―無文字時代の「凝り」
第8章 『日本語スタンダードの歴史』―標準語は室町の昔から
追章 『姦通裁判』―文庫化記念対談

出版社・メーカーコメント

面白い本を読んだら誰かと語り合いたい──辺境作家と歴史学者による読書会。古今の名著・怪書をめぐる知的興奮に満ちた対談集。

著者紹介

高野 秀行 (タカノ ヒデユキ)  
1966年東京都生まれ。『幻獣ムベンベを追え』でデビュー。2005年『ワセダ三畳青春記』で第1回酒飲み書店員大賞を、13年『謎の独立国家ソマリランド』で第35回講談社ノンフィクション賞、14年同作で第3回梅棹忠山・山と探検文学賞を受賞。著書多数
清水 克行 (シミズ カツユキ)  
1971年東京都生まれ。歴史家。明治大学商学部教授。専門は日本中世史。大学の授業は大講義室に400人超の受講生が殺到するほどの人気。歴史番組の時代考証なども担当。2000年に論文「足利義持の禁酒令について」により第1回日本歴史学会賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)