• 本

ADR/メディエーションの理論と臨床技法

出版社名 北大路書房
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-7628-3130-0
4-7628-3130-1
税込価格 2,640円
頁数・縦 173P 21cm

商品内容

要旨

英米のメディエーション(対話促進型調停)の理論と臨床技法が日本のADR実務にどう役立つか。その活用法を実践的に示す。ADRの基本的概念をふまえつつ、なぜ日本では英米とは異なる法的なADR定義がとられているのか、その背景をおさえたうえで、英米のメディエーション(対話促進型調停)の理論・臨床技法と日本のADR実務の融合的活用のあり方を理論的・実践的に示す。さらにロールプレイによる実践学習のための事例教材を提供。

目次

第1章 紛争の構造と過程
第2章 紛争処理システムとADR
第3章 メディエーションの理論と特質
第4章 メディエーションの技法の理論
第5章 日本型ADRにおける手続公正の課題
第6章 メディエーションの臨床技法
第7章 ロールプレイによるメディエーションの実践学習
第8章 統合的な紛争処理を目指して

著者紹介

和田 仁孝 (ワダ ヨシタカ)  
早稲田大学大学院法務研究科教授、日本医療メディエーター協会代表理事
中村 芳彦 (ナカムラ ヨシヒコ)  
弁護士
山田 恵子 (ヤマダ ケイコ)  
西南学院大学法学部准教授
久保 秀雄 (クボ ヒデオ)  
京都産業大学法学部准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)