• 本

いのち

講談社文庫 せ1−88

出版社名 講談社
出版年月 2020年10月
ISBNコード 978-4-06-521163-2
4-06-521163-8
税込価格 704円
頁数・縦 288P 15cm

商品内容

要旨

腰椎の圧迫骨折や胆のうがんの切除などの大病を乗り越えて寂庵に帰還したのは九十二歳のとき。去来したのはこれまで因縁の生じた男たちのことや、親交の深かった河野多惠子氏と大庭みな子氏のことだった。二人との強固な結びつきが「作家の業」と「生と死の様」を浮かび上がらせる。九十五歳、渾身の感動作!

出版社・メーカーコメント

大病を乗り越え、95歳にして書き上げた「最後の長編小説」──親交の深かった女性作家たちの姿を生き生きと描いた、渾身の感動作!

著者紹介

瀬戸内 寂聴 (セトウチ ジャクチョウ)  
1922年、徳島県生まれ。東京女子大学卒。’57年「女子大生・曲愛玲」で新潮社同人雑誌賞、’61年『田村俊子』で田村俊子賞、’63年『夏の終り』で女流文学賞を受賞。’73年に平泉・中尊寺で得度、法名・寂聴となる(旧名・晴美)。’92年『花に問え』で谷崎潤一郎賞、’96年『白道』で芸術選奨文部大臣賞、2001年『場所』で野間文芸賞、’11年『風景』で泉鏡花文学賞を受賞。’06年、文化勲章受章(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)